2008年05月15日

性犯罪被害にあうということ/小林 美佳

性犯罪被害にあうということ/小林 美佳



2000年、24歳で性犯罪被害にあった女性の実名手記。心身がどれほど傷つき、対人関係がどれほど損なわれるか……といったことがリアルに描かれる。同時に恋、友情、家族との関係なども盛り込まれ、青春小説の趣もある。著者は表紙にも登場。
posted by bouben at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こうすれば犯罪は防げる 環境犯罪学入門 (新潮選書)/谷岡 一郎

こうすれば犯罪は防げる 環境犯罪学入門 (新潮選書)/谷岡 一郎



なぜ犯罪は冬より夏が多く、マンションは二階が狙われるのか? 季節や町並み、学校の制服など、「環境」が生み出す犯罪の原因を追究し、地域に即した防犯策を提示する「環境犯罪学」。1970年代のアメリカでスタートし、コンビニ強盗対策やひったくりを減らす都市計画、防犯カメラの普及などに応用されてきた。本書では「環境犯罪学」の理論と実践をわかりやすく紹介。治安悪化の一途を辿る日本において、絶対必要の防犯のための処方箋。
posted by bouben at 19:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

もし、日本が中国に勝っていたら (文春新書 558)/趙 無眠

もし、日本が中国に勝っていたら (文春新書 558)/趙 無眠



posted by bouben at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦争・平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昭和の名将と愚将 (文春新書 618)

昭和の名将と愚将 (文春新書 618)



posted by bouben at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国という大難/富坂 聰

中国という大難/富坂 聰


posted by bouben at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程

若松孝二 実録・連合赤軍 あさま山荘への道程



1972年の「あさま山荘」事件や12人の「粛清」で日本を震撼させた連合赤軍。その連合赤軍の軌跡を描いた映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(若松孝二監督、2008年ベルリン国際映画祭で国際芸術映画評論連盟賞・最優秀アジア映画祭賞を受賞)の公式ガイドブック。元幹部の獄中からの手紙や元メンバーの発言のほか、「1960→1972 連合赤軍全記録」、撮影日記、出演者のメッセージ、音楽を担当したジム・オルークのインタビュー、雨宮処凜、鈴木邦男、森達也氏たちの寄稿を掲載。
posted by bouben at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。