この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『世界屠畜紀行』 内澤旬子 著 (解放出版社)
Excerpt:  私は年に1度くらいだが熊料理を食する。食堂のオヤジが自らライフル(散弾ではない)で射止めた熊を。熊の掌などという高級部位にはありつけるわけがなく、私の口に入るのは単なる熊ステーキ。私は野生動物の肉が..
Weblog: エルミタージュ図書館
Tracked: 2007-11-12 23:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。