2009年12月01日

47都道府県これマジ!?条例集/長嶺 超輝 (著)

47都道府県これマジ!?条例集/長嶺 超輝 (著)


posted by bouben at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

2円で刑務所、5億で執行猶予 (光文社新書) (新書) 浜井浩一 (著)

2円で刑務所、5億で執行猶予 (光文社新書) (新書)
浜井浩一 (著)


posted by bouben at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

弁護士専門研修講座 相続・遺言 ―遺産分割と弁護士実務― (弁護士専門研修講座) (単行本(ソフトカバー)) 赤沼 康弘 (著), 御器谷 修 (著), 上原 裕之 (著), 鬼丸 かおる (著), 松原 正明 (著), 東京弁護士会弁護士研修センター運営委員会 (編集)

弁護士専門研修講座 相続・遺言 ―遺産分割と弁護士実務― (弁護士専門研修講座) (単行本(ソフトカバー))
赤沼 康弘 (著), 御器谷 修 (著), 上原 裕之 (著), 鬼丸 かおる (著), 松原 正明 (著), 東京弁護士会弁護士研修センター運営委員会 (編集)


posted by bouben at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

更生保護入門 (単行本) 松本 勝 (著)

更生保護入門 (単行本) 松本 勝 (著)


posted by bouben at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

シングルマザーのための認知・養育費・慰謝料 (単行本) 露木 幸彦 (著)

シングルマザーのための認知・養育費・慰謝料 (単行本)
露木 幸彦 (著)


posted by bouben at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

ある裁判の断層 (1967年)大貫 大八 (著)

ある裁判の断層 (1967年)大貫 大八 (著)



尊属殺法定刑違憲事件(そんぞくさつほうていけいいけんじけん)とは、1973年(昭和48年)4月4日に最高裁において刑法第200条の「尊属殺」に対する重罰規定が日本国憲法第14条(法の下の平等)に違反し違法であるとの憲法判断が示された事件である。最高裁判所が違憲立法審査権を発動し、既存の法律を違憲と判断した最初の判例として知られる。それまでの最高裁は尊属殺に対する重罰規定を合憲としていたにもかかわらず、判例変更までしてかかる判断がなされたのは事件における特殊な事情が影響していると考えられる。

「尊属殺人重罰規定違憲判決」、事件の概要から「栃木実父殺し事件」(栃木県矢板市での事件である)とも呼ばれる。社会科・公民科の資料集では必ず紹介される著名な判例。

posted by bouben at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

気骨の判決―東條英機と闘った裁判官 (新潮新書 275) (新書) 清永 聡 (著)

気骨の判決―東條英機と闘った裁判官 (新潮新書 275) (新書)
清永 聡 (著)



吉田久、命がけで東條英機と闘った裁判官----。政府に非協力的な国会議員を排除する意図があったとされる「翼賛選挙」では、聖戦遂行の美名の下、国民の投票の自由を実質的に奪う露骨な選挙妨害が行われた。他の選挙無効の訴えが退けられる中、吉田は特高の監視や政府からの圧力に負けず、戦時中に唯一の「選挙無効」判決を下す。これまでほとんど知られることのなかった気骨ある判決と孤高の裁判官の生涯を追う。
posted by bouben at 09:41| Comment(0) | TrackBack(2) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最高裁物語〈上〉秘密主義と謀略の時代 (講談社プラスアルファ文庫) (文庫) 山本 祐司 (著)

最高裁物語〈上〉秘密主義と謀略の時代 (講談社プラスアルファ文庫) (文庫)
山本 祐司 (著)




最高裁物語〈下〉激動と変革の時代 (講談社プラスアルファ文庫) (文庫)




“人権の最後の砦”―最高裁。そこにはすさまじい人間ドラマがあった!その誕生から激流の歴史を史上初めて描き出し、ジャーナリスト界最高の日本記者クラブ賞を受賞。“奇跡の生還”を遂げた著者の不屈の記者魂は熱い感動を呼ぶ!判事たちの恐るべき犯罪、最高裁の“二つの顔”、東大紛争から人間裁判、日本国中が沸いたあの判決、そして政治腐敗が生んだ狂気の事件―書かれざる真実と衝撃の実話。ヴェールに包まれた最高裁の素顔とは…。
posted by bouben at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相/福田 ますみ

でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相/福田 ますみ



第6回「新潮ドキュメント賞」受賞!
クレーマー保護者の虚言によって、
彼は史上最悪のいじめ教師に仕立てられた。
「早く死ね、自分で死ね!」
2003年6月、全国ではじめて「教師によるいじめ」と認定される
事件が福岡で起こった。問題の小学校教師は、担当児童を自殺
強要や暴力でPTSDによる長期入院に追い込んだとされ、
「殺人教師」とまで報じられた。
だが後に、一連の事実は、児童両親によるでっちあげだった
ことが明らかになる──。
子供は善、教師は悪という単純な二元論的思考に陥り、
550人もの大弁護団を結成した人権派弁護士、保護者
の無理難題を拒否できない学校現場や教育委員会、すぐ
に騒いで教師を悪者にするマスコミ、被害者を救うヒロ
イズムに酔う精神科医、そしてモンスター・ペアレント......。

posted by bouben at 14:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

なぜ僕は「悪魔」と呼ばれた少年を助けようとしたのか/今枝 仁

なぜ僕は「悪魔」と呼ばれた少年を助けようとしたのか/今枝 仁



来る2008年4月22日、注目の光市母子殺害事件の差し戻し控訴審判決が下されるが、実際の裁判を「死刑廃止運動」に利用し、被告の元少年「F君」に、「ドラえもんが何とかしてくれると思った」、「復活の儀式」など、荒唐無稽な“主張”を語らせたとされ、空前絶後のバッシングに晒された21人の「大弁護団」――。

昨年末、その弁護団内の確執から突如“解任”された著者が、「対立」していた被害者遺族への謝罪の言葉とともに、弁護団で起きた“内紛劇”の真相や、橋下徹弁護士(現大阪府知事)が引き起こした同弁護団に対する懲戒請求問題、さらには、被告の元少年との“対話”も含め、「非公開」の少年記録などを元に事件のもうひとつの“真実”を綴る。
posted by bouben at 13:21| Comment(0) | TrackBack(2) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いったい誰を幸せにする捜査なのですか。/草薙厚子

いったい誰を幸せにする捜査なのですか。/草薙厚子



検事の嘘、罠、暴言とは......『僕はパパを殺すことに決めた』の著者が、供述調書漏えいをめぐる検察の策謀に真っ向から反撃し、自宅への強制捜査と、19回に及んだ取り調べの「攻防」をリアルに再現した。なぜ検察は彼女を狙ったのか?その背景には、彼女の人格を貶める虚偽のブラックメールの存在があった!
posted by bouben at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

こうすれば犯罪は防げる 環境犯罪学入門 (新潮選書)/谷岡 一郎

こうすれば犯罪は防げる 環境犯罪学入門 (新潮選書)/谷岡 一郎



なぜ犯罪は冬より夏が多く、マンションは二階が狙われるのか? 季節や町並み、学校の制服など、「環境」が生み出す犯罪の原因を追究し、地域に即した防犯策を提示する「環境犯罪学」。1970年代のアメリカでスタートし、コンビニ強盗対策やひったくりを減らす都市計画、防犯カメラの普及などに応用されてきた。本書では「環境犯罪学」の理論と実践をわかりやすく紹介。治安悪化の一途を辿る日本において、絶対必要の防犯のための処方箋。
posted by bouben at 19:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

知れば怖くない!弁護士法72条の正体/吉岡 翔

知れば怖くない!弁護士法72条の正体/吉岡 翔



posted by bouben at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

刑事事実認定の基本問題/半田 靖史

刑事事実認定の基本問題/半田 靖史





posted by bouben at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

知的障害者奪われた人権―虐待・差別の事件と弁護/副島 洋明

知的障害者奪われた人権―虐待・差別の事件と弁護/副島 洋明



水戸アカス事件/白河育成園事件/愛成学園事件/国分寺事件/静岡・金谷町事件-捜査・被疑者段階での弁護と支援を考える/知的障害者の人権擁護に向けて-人権センターは可能か


posted by bouben at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月24日

冤罪弁護士/今村 核

冤罪弁護士/今村 核






posted by bouben at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テキストブック現代の法曹倫理

テキストブック現代の法曹倫理



posted by bouben at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

行政書士 こうすれば会計業務ができる/岩上 義信

行政書士 こうすれば会計業務ができる/岩上 義信



まず新規行政書士事務所開業者向けに、自分の事務所の経理である確定申告についてを記載。それをベースにして会計業務をこなせるまでの知識へとステップ・アップ。

行政書士の資格は以前にとりました(未使用)。
会計知識がほとんどないので、少し勉強しようと思います。

posted by bouben at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

日本国憲法誕生―知られざる舞台裏/塩田 純

日本国憲法誕生―知られざる舞台裏/塩田 純



憲法誕生の背景は、「GHQ」対「日本政府」という対立構図だけでは語れない。当時の動きを検証し、「日本国憲法」誕生の舞台裏を明らかにしていく。NHK「ETV特集」「NHKスペシャル」をあわせて書籍化。

憲法は一応一通り勉強したことあるのですが、
制定過程については少し聞きかじった程度。

朝日新聞の広告で興味を持ちました。
posted by bouben at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

幸せを呼ぶ相続の教科書/曽根 恵子

幸せを呼ぶ相続の教科書/曽根 恵子



離婚、再婚、未婚、事実婚……家族のあり方が変容するにしたがい、相続でもめるケースが急増している。
その多くは「遺産分割」に関するもの。会ったことのない先妻の子供が遺産を要求したり、
仲のよかった兄弟姉妹が骨肉の争いをしたりと、亡くなった人が
生前想像しなかった事態が起こるのが「相続」の難しさである。
本書は、年間3,000件以上の相談を受け、的確なアドバイスにより顧客から絶大な信頼を得ている
「相続コーディネーター」が、いかに自分の意思や心を残してこの世を去ることが重要かを説いた本。
具体的な事例が満載されており、まさに他人の不幸を他山の石として
自らの人生の決着をつける必要性がわかる。
とくに、本書では遺書を書くことの大切さが語られているが、被相続人たちがもめるような遺書や中途半端な遺書を残す人も多いため、
どうしたら自らの意思や心を伝える遺書を書けるか、懇切丁寧に教えてくれる点が大きな特徴といえる。
posted by bouben at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。