2009年12月01日

民主主義が一度もなかった国・日本/宮台 真司 (著), 福山 哲郎 (著)

民主主義が一度もなかった国・日本/宮台 真司 (著), 福山 哲郎 (著)



posted by bouben at 02:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月22日

私の喧嘩作法 (扶桑社文庫)/屋山 太郎

私の喧嘩作法 (扶桑社文庫)/屋山 太郎



薩摩隼人の父から、しっかりと教えこまれた「喧嘩の作法」。戦火をくぐり抜けた少年時代、破天荒な青年時代を過ごし、ジャーナリズムの世界に入ってからは、独自の「喧嘩筆法」で政治や大物政治家たちにたちむかっていった。日教組解体論、国鉄労使『国賊』論、電電公社民営化…等、戦後の日本政治に常に一石を投じ続けてきた著者が綴る痛快自叙伝。
posted by bouben at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない/櫻井 よしこ

異形の大国 中国―彼らに心を許してはならない/櫻井 よしこ



とまらぬ領土拡大の野望、捏造される歴史、他国を厭わぬ環境汚染、世界第3位といわれる軍事予算…。13億の人口を抱える虚構の大国が行き着く先は-? 中国の真の姿を知るための著者渾身の中国論。
posted by bouben at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

京都・同和「裏」行政──現役市会議員が見た「虚構」と「真実」 (講談社+α新書 380-1C)/

京都・同和「裏」行政──現役市会議員が見た「虚構」と「真実」 (講談社+α新書 380-1C)/



先の京都市長選挙で
惜しくも落選してしまった
候補者の書かれた本です。

テレビで拝見しましたが、
なかなか熱い好青年との印象を受け、
本にも興味が湧きました。
posted by bouben at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月13日

自由と繁栄の弧/麻生 太郎

自由と繁栄の弧/麻生 太郎



posted by bouben at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

自治体格差が国を滅ぼす (集英社新書 422B) (集英社新書 422B)/田村 秀

自治体格差が国を滅ぼす (集英社新書 422B) (集英社新書 422B)/田村 秀



個人や企業間で格差の拡大が叫ばれて久しいが、格差は自治体・地域の間でも確実に広がりつつある。財政破綻した「負け組」自治体が住民サービスの質を下げる一方で、中学卒業までの医療費が無料など、住民が受益を謳歌している「勝ち組」自治体もある。自治体・地域の間の格差はなぜ生まれ、拡大し続けているのか。解決する方法はあるのか。本書では代表的な九つの自治体を取り上げ、その実態をつぶさに検証することで格差拡大の原因を分析し、是正に向けた具体的な方策を提言する。
posted by bouben at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

反米大陸―中南米がアメリカにつきつけるNO! (集英社新書 420D) (集英社新書 420D)

反米大陸―中南米がアメリカにつきつけるNO! (集英社新書 420D) (集英社新書 420D)





posted by bouben at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

渡邊恒雄 メディアと権力/魚住 昭

渡邊恒雄 メディアと権力/魚住 昭



人よんでナベツネ いったいどんな男だ?
「1千万部」の力を背景に首相をも動かし、世論を操ろうとする読売王国の総帥、渡邉恒雄。屈折した少年期、主体性論をひっさげた東大共産党時代、そして粛清を重ねて新聞社社長の座に登りつめるまで。稀代のマキャベリストのすべてを白日の下に曝す決定版評伝の文庫化に際し、玉木正之氏との白熱対談を収録。
posted by bouben at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

もっと早く受けてみたかった「国際政治の授業」/蟹瀬 誠一

もっと早く受けてみたかった「国際政治の授業」/蟹瀬 誠一



「国際政治を動かしているのは何か? なぜ私たちは戦争をするのか? どうしたら戦争を食い止められるのか? 世界の人々が協力して立ち向かわなければならない共通の課題とは何か?
本書ではそれらの疑問に対する答えを、授業形式でわかりやすく解説したつもりです」(本書「あとがき」より)
AP通信社・AFP通信社などに勤務し、ジャーナリストとして国際政治を見続けてきた著者による、国際政治を見る目が一から身につく紙上講義!
国の行動は何が基準なのか? ゲーム理論で何がわかるのか? なぜユダヤとアラブは対立し、アフリカでは内戦が頻発するのか? なぜ貿易は自由化の流れに向かっているのか? 各国の、そして世界の人口はどう変動し、何をもたらすのか?
わかっているようでよくわかっていない、あんなことやこんなことがスラスラわかる!

posted by bouben at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

歴史劇画大宰相 (第1巻)/さいとう たかを

歴史劇画大宰相 (第1巻)/さいとう たかを


posted by bouben at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。