2009年11月07日

はじめよう!NPO法人のキホンQ&A (単行本) 熊谷 則一 (著), 菅野 豊 (著), 村山 眞也 (著), 藤田 整継 (著)

はじめよう!NPO法人のキホンQ&A (単行本)
熊谷 則一 (著), 菅野 豊 (著), 村山 眞也 (著), 藤田 整継 (著)




posted by bouben at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

農で起業する!―脱サラ農業のススメ/杉山 経昌

農で起業する!―脱サラ農業のススメ/杉山 経昌



経験を積まなければ、農業は成り立たないのか?「感覚」や「感じ」「雰囲気」のような曖昧な領域であった農テクニックを、誰でもできるようにマニュアル化し、ビジネス的シミュレーションによって、成功にみちびく!めざすは、週休4日、上司のいない農家生活!外資系サラリーマンから専業農家へ…従来の農業手法に一石を投じた専業農家が書いた本。
posted by bouben at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

マルクスる?-世界一簡単なマルクス経済学の本/木暮 太一

マルクスる?-世界一簡単なマルクス経済学の本/木暮 太一



なぜ給料は横並び・右肩上がりなのか? 残業代が支払われるのは「搾取されている証拠」? 労働者が裕福になれない構造とは? 3時間でマルクス経済学の基礎が身につく超入門本。日本経済の本当の姿が見える!
posted by bouben at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

高校生のための経済学入門 (ちくま新書)/小塩 隆士

高校生のための経済学入門 (ちくま新書)/小塩 隆士



わが国の高校では、経済学がほとんど教えられていない。「政治・経済」という科目に経済学の基礎が説明されているが、この科目自体の影が薄い。一方、世の人々の経済に対する関心はけっして低くない。本書では高校生にもわかるように、ポイントをきちんと抑えながら、経済学の基本的な考え方を解説する。理論そのものよりも、現実の経済問題の解決に経済学の考え方がどのように生かせるかという、実践的な面を重視する。

posted by bouben at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

会社の節税100のルール―ちゃんと処理しているつもりでも、まだまだ払い過ぎている!/井上 修

会社の節税100のルール―ちゃんと処理しているつもりでも、まだまだ払い過ぎている!/井上 修



●知らないと損をし続けますよ!−−−
あなたの会社は、税金を払い過ぎているかもしれません。知らないとずっと多
く払い続けるハメになります。
でも、本書を読んで基本ノウハウを身につければ、今までの2割程度はラク~
に節税できます!!

posted by bouben at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月20日

戦争の経済学/ポール・ポースト

戦争の経済学/ポール・ポースト



憲法9条改正? 自衛隊を軍隊に? でもその前に一度、冷静になって考えてみよう。戦争は経済的にみてペイするものなのか? ミクロ・マクロの初歩的な経済理論を使って、巨大な公共投資である戦争──第一次世界大戦から、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争まで──のバランスシートを丸裸にする。
「戦争が経済を活性化する」は本当か? 徴兵制と志願兵制ではどちらがコストパフォーマンスが高い? 軍需産業にとって実際の戦争にメリットはあるか? 核物質闇取引の実際の価格は? 自爆テロはコストにみあっているか?……などなど、戦争についての見方がガラリと変わる、戦争という一大プロジェクトを題材にした、まったく新しいタイプの経済の教科書。図版多数。
posted by bouben at 06:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亜玖夢博士の経済入門/橘 玲

亜玖夢博士の経済入門/橘 玲



「相談無料。地獄を見たら亜玖夢へ」
新宿・歌舞伎町裏の「亜玖夢コンサルタンツ」。異形の博士が学識の全てを傾け相談者の悩みを解決。ブラックユーモア溢れる一話一理論。
posted by bouben at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

超図解「財務3表のつながり」で見えてくる会計の勘所/國貞克則

超図解「財務3表のつながり」で見えてくる会計の勘所/國貞克則



簿記を勉強しなくても、決算書を読むコツが身につきます!
私たち会計の専門家ではない人間が会計に対する苦手意識やアレルギーをなくすためには、会計の細部から入って全体像を理解していくという今までの会計の勉強法ではなく、まず会計の全体像をつかみ、会計の基本的な仕組みだけをキッチリ押さえる勉強法のほうがはるかに有効だと思います。
posted by bouben at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ/ジョン パーキンス

エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ/ジョン パーキンス



表の顔は一流コンサルティング会社のチーフエコノミスト
裏の顔はアメリカの工作員

途上国を負債の罠にはめた著者が命がけで告発!
開発援助の裏側を描いた衝撃の全米ベストセラー待望の翻訳

……本書は、世界経済の裏面で暗躍しつつ良心の呵責に苦しんだ、ひとりの男の告白の書だ。男の名前はジョン・パーキンス。彼は一九七一年から一九八〇年までアメリカの国際的なコンサルティング会社で有能なエコノミストとして働いたが、実際には、エコノミック・ヒットマン(EHM)と呼ばれる秘密の仕事に携わっていたのだ。

「エコノミック・ヒットマンとは、世界中の国々を騙して莫大な金をかすめとる、きわめて高収入の職業だ」と彼はいう。その手口はじつに巧妙だ。典型的な方法として、彼らはまず、石油をはじめ豊富な資源を持つ途上国の指導者に対して、世界銀行の融資を受けて国家を近代化すれば飛躍的な経済成長を達成できると言葉巧みにもちかけ、その国に巨額の債務を負わせる。じつのところ、融資された金は巨大なインフラ建設を受注するベクテルやハリバートンなどの米企業と、現地の利権を握っているほんの一部の富裕なエリート層の懐へと流れる。庶民の暮らしはまったく良くならない。それどころか、債務はとうてい返済できず、貧しい者はさらに貧しくなる。さらに、債務国の政府は負債の罠に絡めとられて、天然資源や国連の議決権を奪われたり、米軍基地の設置を強いられたりすることになる。グローバル化が進む現代では、エコノミック・ヒットマンの活動は質量ともに驚くべき次元に到達しているという。まったく恐ろしいからくりだ。

……「訳者あとがき」より
posted by bouben at 07:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)/勝間 和代

お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)/勝間 和代



私たちは、自分のお金を労働力で稼ぐ、自分で稼いだお金を消費する、というやり方にはとても慣れているのですが、自分のお金が自分以外のところで稼いでくる、あるいは自分で稼いだお金を消費という形ではなく投資をするという考え方には、今一つなじみ切れていません。(本文より)
自分のお金は自分でコントロールする----。年金不安、所得格差が進む中、私たちが身につけなければならない能力は。
家計の将来に備え、「自分の安心を買い」「生活をよりよくする」ために必要な考え方とノウハウを、第一人者が分かりやすく解説。
posted by bouben at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (朝日新書 44)/國貞 克則

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) (朝日新書 44)/國貞 克則



損益計算書(PL)、貸借対照表(BS)、キャッシュフロー計算書(CS)からなる、いわゆる「財務3表」の役割と関連性を分かりやすく解説する書。著者は本書を読み解くことによって、「簿記や仕訳を勉強した人とさして変わりがなく、『全体像の把握』についてはそれ以上の理解が得られる」と語る。
「こうすれば決算書を読めるようになる」とうたう書が少なくない中で、著者が独自に編み出したコツとは「財務3表一体理解法」だ。財務3表には、連動する「つながり」のポイントが5つあると解説。実際に読者が小さな会社を設立したと想定し、創業時から生じるであろう1回ずつの取引ごとに、財務3表がどのような「つながり」を保ちながら変化するのか(しないのか)を具体的に追う。こうした知識を基にすれば、決算書を材料にして様々な企業の業績を正しく評価することができるようになると言う。収益性や安定性を読み取るポイントのほか、PLやBSの数字に操作を加えて見栄えを良くしている「決算書の粉飾」を見抜くコツも指南する。

また、近年になって導入された「退職給付会計」や「金融商品の時価会計」「税効果会計」などの新会計基準についても、想定し得る事例を財務3表に当てはめながら解説を加える。
posted by bouben at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

亜玖夢博士の経済入門 (単行本) 橘 玲 (著)

亜玖夢博士の経済入門 (単行本) 橘 玲 (著)



「相談無料。地獄を見たら亜玖夢へ」
新宿・歌舞伎町裏の「亜玖夢コンサルタンツ」。異形の博士が学識の全てを傾け相談者の悩みを解決。ブラックユーモア溢れる一話一理論。
posted by bouben at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

もっと早く受けてみたかった「会計の授業」/金児 昭

もっと早く受けてみたかった「会計の授業」/金児 昭



「会計については、これだけ知っていれば十分!」▼このコンセプトを元に、信越化学工業の顧問にして、「連結決算の達人」「伝説の経理マン」などの異名を持つ著者が「必要最低限の知識のみ」をピックアップして解説したのが本書。▼「なぜ会計の勉強をするべきなのか」から始まって、実際の決算書の読み方、難しい会計用語の説明、制度会計と経営(管理)会計、そして会計の知識を仕事や経営にどう生かすのかまでを、著者の実体験を豊富に交えてわかりやすく解説していく。▼全編、会話口調の講義形式で、まるで授業を受けているようにすらすら読めるのも本書の特徴。会計にまったく関係のない新人ビジネスマンにもわかるように書かれているため、今までの会計や決算書の入門書に挫折してしまった人にもおすすめ。▼経理の知識がまったくない人にも、ベテランの経営者にも、きっと新しい会計の姿が見えてくる、「金児流会計」の入門書。
posted by bouben at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門/橘 玲

お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門/橘 玲


posted by bouben at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。