2008年11月12日

365日たまごかけごはんの本―世界最速スローフード (-) T.K.G.プロジェクト (著), 高木 伸一

365日たまごかけごはんの本―世界最速スローフード (-)
T.K.G.プロジェクト (著), 高木 伸一


posted by bouben at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

私のうつノート (単行本) 読売新聞生活情報部 (著)

私のうつノート (単行本) 読売新聞生活情報部 (著)


posted by bouben at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

学校が泣いている―文教都市国立からのレポート (単行本) 石井 昌浩 (著)

学校が泣いている―文教都市国立からのレポート (単行本)
石井 昌浩 (著)



教育の先鋒都市国立で起きていること。
その現場から教育の実態が見えてくる

平成12年3月、国立第二小学校で起きた「校長土下座要求事件」は教育界を震撼させました。本書は国立市「現職の教育長」が、当事者だからこそ見えてくる国立の教育界の抱える問題を白日の下に曝し、打開策を提示していきます。これは日本全体に当てはめることも可能で、わが国の学校教育問題解決の金字塔になることは間違いないでしょう。

posted by bouben at 00:29| Comment(0) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

死体入門! (ナレッジエンタ読本 7) (ナレッジエンタ読本 7)/藤井司

死体入門! (ナレッジエンタ読本 7) (ナレッジエンタ読本 7)/藤井司



人は死んだらどうなるの?
あなたも必ずなる姿、「死体」――「死」から「生」を考える!
「人はどの瞬間に死ぬのか?」「骨を見ればわかること」「人が死にゆく様子を描いた絵巻がある!」「世界一美人のミイラって?」――年間40体以上の死体を解剖している法医学者が、死ぬということ、そして死体を取り巻く研究を紹介。「死体」を知ることで、生について考える!
posted by bouben at 13:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月07日

昭和の名将と愚将 (文春新書 618)

昭和の名将と愚将 (文春新書 618)



posted by bouben at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

裏技デジカメ術 (青春新書インテリジェンスシリーズ)/鐸木 能光

裏技デジカメ術 (青春新書インテリジェンスシリーズ)/鐸木 能光



花はマクロで撮る! 失敗写真ほど面白く遊べる! 撮った写真はどんどん発表しよう! デジカメをもっと楽しむために、簡単にできて驚くほど効果のある裏技から、読んだそばから上達してしまうヒントを満載。
posted by bouben at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラックパンサー エモリー・ダグラスの革命アート集 (P-Vine BOOks) (P-Vine

ブラックパンサー エモリー・ダグラスの革命アート集 (P-Vine BOOks) (P-Vine



ブラック・パンサー!! 思想ある芸術。 この絵を見て、あなたは何も感じないのか? 《1500部限定・シリアルナンバー入り》 団結せよ。そして自立せよ。集団の活力を代弁し、人々の中にある様々な真の感情を引き出し、反抗のシンボルとなった革命アートの起源がここにある! 1960、70年代、アメリカの黒人差別撤廃を目指して結成された黒人解放組織ブラック・パンサー党のヴィジュアル面で広報に当たったエモリー・ダグラスの作品集。ポスターや機関紙の紙面を飾ったイラストなど約150点を掲載。力強く、情熱的な表現で、党の思想を広く伝えた代表的作品が並ぶ。ダグラス作品が反抗のシンボルとして、ロック音楽、現代アートなどに与えていった影響についても紹介していく。
posted by bouben at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

姜尚中の青春読書ノート (朝日新書 104)/姜 尚中

姜尚中の青春読書ノート (朝日新書 104)/姜 尚中



在日2世の論客として発言を続ける著者が、青春期の苦悩をへて政治学者として世に出るまでに精神的支柱となった「座右の書」を厳選。漱石、ボードレール、マックス・ウェーバーなど、現代人必読の古典的名著を平易な言葉で読み解く。人生とは、生きる意味とは、世界とは何か。深い洞察と徹底した問いかけが、勇気と希望を与える。
posted by bouben at 23:02| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月12日

世界でもっとも美しい10の科学実験/ロバート・P・クリース

世界でもっとも美しい10の科学実験/ロバート・P・クリース



科学法則はいかにして実験されたか!ガリレオの斜面/斜塔、ニュートンのプリズム、フーコーの振り子など、科学実験の美しさを「展覧会の絵」のように鑑賞する。
posted by bouben at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイズ感染爆発とSAFE SEXについて話します/本田 美和子

エイズ感染爆発とSAFE SEXについて話します/本田 美和子



エイズウイルスは人を選びません。このままだと、ものすごくたくさんの人が感染してしまう。感染爆発を目前にあなたができることは? 特効薬はきちんと知ること。「みんなの誤解」を専門家である医師が丁寧に解いていきます。
posted by bouben at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レバレッジ英語勉強法/本田 直之

レバレッジ英語勉強法/本田 直之



3カ月でマスターするか、一生やらないか-。選択次第で人生の「格差」が大きく開く。「思考法」を変えれば、英語は短期間で確実に身につく! 何度も挫折したけど、やっぱり英語を使いたい人に贈る実践書。
posted by bouben at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

トイカメラ使い方レシピ

トイカメラ使い方レシピ



独特のゆるい写りと面白くて味のある写真が大人気のトイカメラ。本書は、アクセスNO.1サイト「トイカメラ。」の情報をベースに様々なトイカメラの種類と基本の使い方、楽しみ方を紹介。トイカメラ魅力満載のガイド決定版!
posted by bouben at 05:07| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)/下川 裕治

日本を降りる若者たち (講談社現代新書)/下川 裕治



posted by bouben at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界がキューバ医療を手本にするわけ/吉田 太郎

世界がキューバ医療を手本にするわけ/吉田 太郎



米国の医療問題に取り組んだアカデミー賞監督マイケル・ムーアの『シッコ』のなかで、彼が、米国の医療制度に見捨てられた患者さんたちを引き連れて向かうのが、キューバの病院です。

カリブ海に浮かぶ貧しい島国が、なぜ、医療システムだけは、米国をしのぐ先進性、利便性を持ち得たのか?

その疑問に、ズバリ、答えるのが、本書、WHO(世界保健機関)が太鼓判を捺す医療大国キューバからのリポートです。
乳幼児死亡率は米国以下。
平均寿命は約八〇歳。
がん治療から心臓移植まで医療費はタダ。
大都市の下町から過疎山村まで、全国土を網羅する予防医療。
世界のどこにもないワクチンを作りだす高度先端技術。

同時に、曲がり角に立つ日本の医療制度の問題点を鮮やかに映し出します。

「聖域なき構造改革」から、「持続可能な医療福祉社会」への転換のためのブループリントを描かなければならない先進諸国にとって、キューバの挑戦は、イギリスBBCテレビをはじめ、欧米メディアではかなり広く報道されていますが、日本では、初めての本格的リポートです。
posted by bouben at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ/都築 響一

だれも買わない本は、だれかが買わなきゃならないんだ/都築 響一





posted by bouben at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

地域の力―食・農・まちづくり (岩波新書 新赤版 1115)/大江 正章

地域の力―食・農・まちづくり (岩波新書 新赤版 1115)/大江 正章


posted by bouben at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そうか、もう君はいないのか/城山三郎

そうか、もう君はいないのか/城山三郎



癌とわかった妻。私は言葉が出なかった。かわりに両腕をひろげ、その中へ飛びこんできた容子を抱きしめた。「大丈夫だ、大丈夫。おれがついてる」 夫婦の絆を綴る、愛惜の回想記。「遺稿」の単行本化。
posted by bouben at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

わが祖国、中国の悲惨な真実/陳 惠運

わが祖国、中国の悲惨な真実/陳 惠運



日本のマスコミが絶対書けない吐き気を催す腐敗の数々。たった1%の人が富を独占し13億人の人民は血の涙を流している。指導者達が倫理観や道徳心を失った時、その国家は存続できるのか?
posted by bouben at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

囚われのチベットの少女/フィリップ ブルサール

囚われのチベットの少女/フィリップ ブルサール



一人の少女がリーダーとなり、尼僧たちが歌ったカセットは、官憲の手をのがれ、監獄から出てヒマラヤを越え、世界に広まった。11歳で捕らえられ23歳の今も獄中で、悲惨な拷問や虐待を受け続けている尼僧ガワンサンドル。チベット抵抗運動「チベット問題の象徴」「格別なチベットの女」であり(本書「ダライラマが語る」より)、非暴力運動の象徴となった「不屈の女」の半生。


posted by bouben at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真理のひびき―天風哲人新箴言註釈/中村 天風

真理のひびき―天風哲人新箴言註釈/中村 天風



哲人天風最後の感動の教え
胸に迫る朱玉の一言一句「いのちの力」が新たに甦る
真の幸福は現在感謝を実行する謙虚の心から期せずして招来される(箴言25)――本文より
posted by bouben at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。